Hannover Living: Hannover Living Logo

ハノーファーに関するブロガーたちの10の美しい言葉

Hannover Living: Neues Rathaus Hannover

ワンダートゥース(カナダ)「赤い糸は素晴らしいアイデアだ。この赤い糸は、ハノーファーの中心街に引かれた赤い線で、ハノーファーが誇る36のアトラクションを巡ることができる。各観光スポットには、ハノーファー観光局の「赤い糸ガイドブック」の番号に対応する数字が糸に描かれている。赤い糸は素晴らしいアイデアで、もっと多くの都市にあればいいのにと思う。この赤い糸はハノーファーの中心部に引かれた赤い線で、ハノーファー市内の36の観光スポットを巡ることができる。各観光スポットには、赤い糸の番号に対応する番号が糸に描かれている。

ライスグラーク(オランダ)

Hannover Living: Reisgraag

アニークは、ハノーファーを訪れてみるのはいい考えだと、彼女の記事で納得してもらいたい。アニークは新市庁舎、ヘレンハウゼン庭園、旧市街を旅した。赤い糸をたどって街を巡りながら、彼女はハノーファーの様々な名所を知り、感激した。ブログ記事はこちら:www.reisgraag.nl

ライゾンガー(オランダ)

Reishonger Website

ブログの内容をまとめたオランダの旅行ブログ:旅への飢え(Reishonger)。ジェシカはハノーファーのクリスマスマーケットを訪れた。その名の通り、Reisehongerは「飢え」と「旅への欲望」を扱っている。ジェシカ・グローネスタインは、ハノーファーの様々なクリスマスマーケットのクリスマス前の雰囲気に魅了された。彼女は2015年12月にハノーファーを訪れ、この街の最高の魅力を知った。ブログ記事はこちら:www.reishonger.nl

Culy.nl(オランダ)

Culy Website

このブログは食べ物について書いている。あらゆる種類の、世界中の。Culy.nlのジョイスがハノーファーを訪れた。CulyのJoyce Bieldermannは世界中の様々な都市を訪れ、多くのバーやレストランで料理を味わっている。彼女は新しい料理や珍味を試すのが大好きだ。2013年9月、彼女はハノーファーを訪れ、素晴らしいブログ記事を書いた。ブログ記事はこちら:www.culy.nl

ヴェテックスバート(ベルギー)

Vetexbart Website

バートはベルギー人で、旅先で感じたことをブログに綴っている。彼はすでに2度ハノーファーを訪れている。バート・メリスはベルギーの旅行ブロガー。彼はほとんどどこでもVetexbartでブログを書いている:飛行機の中、滑走路の上、長い旅、短い旅。彼は常に新しい魅力的な目的地を探し求め、次の国や次のエキサイティングな都市を探索するのが待ちきれない。2015年11月と2015年12月にハノーファーを訪れた。ブログ記事はこちら:www.vetexbart.be

風変わりな旅行者のブログ(イギリス)

The Quirky Traveller Blog Website

イギリス出身のゾエは、The Quirky Traveller Blogでエキサイティングな場所でのアートや文学についてブログを書いている。彼女はハノーファーを訪れた。The Quirky Traveller Blogでは、イギリスやその他の国の興味深い場所や珍しいアクティビティに関するさまざまな記事を見つけることができます。このブログは歴史、芸術、文学のテイストもある。The Quirky Traveller BlogのZoë Dawesが2015年8月にハノーファーを訪れ、私たちのストーリーを語ってくれました。ブログ記事はこちら:www.thequirkytraveller.com

マフェンウォ(中国)

Mafengwo

MafengwoのHailyuは中国の旅行ブロガーだ。ハノーファーを訪れていた。mafengwoのHailyu Zhangは、旅行雑誌「Across」のジャーナリストで、すでに様々な観光会社で働いていた。現在、彼はフリーランスで、英語が堪能で、多くの旅行経験があり、ソーシャルメディアであれ、印刷物であれ、優れた取材ルートを持っている。Hailyu Zhangは2014年12月にハノーファーを訪れ、滞在記を書いて出版した。ブログ記事はこちら:www.mafengwo.cn

微博(中国)

Hannover Living: Weibo

新浪微博は中国最大のマイクロブログサービスである。新浪微博の崔祥明がハノーバーを訪れた。CUI Xiangmingは中国の旅行ブロガーで、都市だけでなく、その文化や自然にも関心がある。これまでに50カ国以上、400以上の都市を旅し、その経験を定期的にブログに綴っている。2015年7月、彼はハノーファーを訪れ、その体験を写真と文章で私たちに伝えてくれた。ブログ記事はこちら:www.weibo.com/gnto

バジェット・トラベラー(イギリス)

Bugettraveller Website

イギリスの旅行ブログは世界中のさまざまな都市を旅し、その様子をクローズアップしている。カシュはハノーファーを訪れていた。「事前に警告を受けていた。- ドイツ人自身から。この言葉は、カシュ・バッタチャリヤのブログ記事の冒頭にある。彼は6年間、Budget Travellerで旅の冒険と経験をシェアしてきた。彼がハノーファーについて言われたこと街は退屈だ!偏ったコメントのせいで、彼はニーダーザクセン州の州都に過度な期待を抱いて旅行しなかったと推測できる。例えば、ハノーファーは主に見本市の街として見られているという。

トラベルウィークリー(英国)

Travelweekly Website

イギリスのブログであるTravelweeklyは、旅行のプロが必要とするあらゆる有益な情報を提供している。Travelweeklyのジョアンナ・ブースがハノーファーを訪れた。Travelweeklyのジョアンナ・ブースはニーダーザクセン州の州都を48時間で探検し、ハノーファーにあるイギリスの痕跡を探しに出発した。Travel WeeklyとTravelWeekly.comは、旅行業界にとって最も影響力のあるB2Bニュース・リソースである。マルチメディアを駆使した製品ポートフォリオを通じて、旅行のプロが必要とするニュースや情報を速報で伝えている。ジョアンナは2015年9月にハノーバーを訪れた。ブログ記事はこちら:www.travelweekly.co.uk

トラベレックス・エクスペリエンス(スイス)

Travelexperience Website

トラベレックス・エクスペリエンスのインゲはスイス出身で、高級ホテルやラグジュアリーホテルを好む。彼女はハノーファーを訪れていた。インゲはスイスの旅行ジャーナリストで、自身の旅行ブログを持っている。彼女のブログは主に30歳以上の旅行者で、夫婦で旅行し、すでにテント泊やバックパッキングを経験し、魅力的で、時には変わった、そして/または豪華なホテルやリゾートに泊まることを好む旅行者を対象にしている。インゲは2014年12月にハノーファーを訪れ、彼女の旅行ブログにハノーファーについての記事を書いた。ブログ記事はこちら:www.travelexperience.ch

レモンの木(グロベトロッター)

The Lemon Tree Website

エリザベスは人生の喜びと旅を楽しんでいる。彼女自身は、"旅の一番の楽しみは、あらゆる文化を知ること "と語っている。2015年12月、彼女は自身のブログ「The Lemon Tree」にハノーファーでの日々を綴った。オーストラリア出身のエリザベスは、旅をライフワークとしている。エリザベス・ライ・コヴァーはフィットネス・インストラクター、作家、司会者、ヨギーニ、ビーガン、そして世界を愛する人。彼女は旅をするために生まれてきた。オーストラリアとインドで学び、タイと香港を旅して田舎を探検した。2014年10月、エリザベスは夫とともにハノーバーに移住。2016年1月には当分の間シアトルに引っ越す。ブログ記事はこちら:www.lemontreetravel.com

検索