Hannover Living: Hannover Living Logo

ハノーファーのデザインストップ

公共空間のアート:バス停

四半世紀以上にわたって、ハノーファーはウェイティングをまったく新しいレベルに引き上げてきた:

1994年4月10日以来、ゲーリー、ソットサス、モリソンといった著名なデザイナーがアートプロジェクトの一環としてデザインしたユニークなバス停が街を彩っている。こうして、実際には日常的なバスシェルターであったものが、真の芸術作品へと生まれ変わった。

公共空間におけるアート は、芸術に満ちたハノーファーのトレードマークである。長年にわたり、200以上の彫刻、彫刻作品、インスタレーションが市内に設置されてきた。有名なナナス、彫刻の小道、並外れたバス停などは、このコレクションのアイコンのひとつである。

バス停の背景にあるアイデアは、乗客の待ち時間を特別な場所で心地よい休息にすることだ。

バス停をテーマにした9つの魅力的な解釈が生まれ、それぞれのバス停が独自のストーリーを語っている:

このページを共有する

WhatsApp
電子メール

関連記事

検索